ホーム | 書籍一覧 | ご注文方法 | 書店一覧 | リンク

 

自分が何者か、誰も教えてくれなかった。
東大駒場で行われている
「障害者のリアルに迫るゼミ」本、第2弾!

1500円+税/46判・216頁
ぶどう社から注文
(送料無料・後払・即日発送)


現役東大生たちが、依存症や若年性認知症などの障害者と出会い、
何を感じたのか、自分の未来に何を見ているのか、自分自身を綴る。

人生は「出会い」と「タイミング」によって変わっていく。
いつ、どんな人と出会うかで、
自分という楕円形のボールが転がっていく先は違う。
いや、同じ出会いでも、
それが心に響く人もいれば、そうではない人もいる。
未来に起きるであろう何かを、
その若い知性と感性が感じている。
野澤和弘


・編著者

野澤 和弘(のざわ かずひろ)
1959年、静岡県熱海市生まれ。
1983年、早稲田大学法学部卒業。
1983年、毎日新聞社入社。2007年から夕刊編集部長。2009年から毎日新聞論説委員。
2014年、東京大学全学自由研究ゼミナール「障害者のリアルに迫る」担当非常勤講師。

・著者

「障害者のリアルに迫る」東大ゼミ
障害当事者やその関係者の、リアルな息づかいや生活、人生に触れることを目的とした、東京大学教養学部の講義。ALS患者、盲ろう者、脳性マヒ当事者、知的障害当事者、精神障害当事者、医療的ケアの必要な障害児とお母さんなど、多様な講師を招いてきた。
2013年度に自主ゼミとして始まり、翌年には教養学部全学自由研究ゼミナールの正式な講義となる。講義の準備や運営は学生スタッフが担う。 

 


はじめに  野澤和弘

1章 依存と自立
依存と自立  野澤和弘
1 薬物依存症  山口 哲哉
2 ギャンブル依存症  田中 紀子
3 摂食障害  鶴田 桃エ・高橋 直樹

存と自立から
他 者/香川 幹
自 分/大島 真理佳
罪を背負って/山南 達也

2章 失いながら生きるということ
失いながら生きるということ  野澤和弘
4 ALS  岡部 宏生
5 若年性アルツハイマー型認知症  丹野 智文
6 高次脳機能障害  今井 敏夫・今井 雅子
失いながら生きるということから
何者か/田川 菜月
恵まれすぎ/築島 綾音
追憶の彼方から/池内 陽彦

 
3章 鼎談/その後のリアル

あとがき  野澤和弘 

 

条例のある街